クリエイター手抜きプロジェクト[418]スマートフォン編 Firefox携帯 Fx0を使ってみた/古籏一浩

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,700文字)



今回は発売前に少しだけニュースになった、Firefox OSを搭載した携帯Fx0について書きます。Fx0はauから発売されています。

・Fx0
< http://au-fx.kddi.com/products/ >

Firefox OS搭載携帯であるFx0は、今年の1月に一般人でも購入できるようになりました。auショップでは私が初めての購入者とのこと。まあ、田舎にあるauショップでは、後にも先もこんな携帯を買う人はいないでしょう。

というのも、買っても自分でアプリを作れる人以外は使いようがないからです。たくさんアプリがあるわけでもなく、高速な携帯でもなければ、すごくバッテリーが長持ちするわけでもありません。4Kサイズの高解像度の映像が映るわけでもありません。

実際にいじってみると、数世代前の携帯といった感じの速度です。iPhone 4あたりを想像してもらえばよいかもしれません。




Fx0の記事を見ると外観がなかなか素晴らしいとか、Webの技術を使ってアプリができるなどと書かれています。でも、まあ高級感があるか、というとあるかもしれないしないかもしれないといったところ。持った感じやサイズが似てるなあ、と思ったらXPERIA Zにそっくり。でも、ホームボタンがあるところはiPhoneと似ています。

私としては外観とかはどうでもよくて、手軽にアプリを作れれば十分です。15年以上培ってきたWeb技術が、そのまま使えるわけですから、きっと面白いことができるに違いありません。それよりも、一番よいことは「アプリがない」ということです。

一般的にはスマートフォンでアプリが少ないのは致命的です。いつの間にか消え去ったWindows Phoneも、アプリが少なく国内では終了しました。アプリが少ないと不利なのは、携帯に限ったことではなくパソコンでも同様です。積み上げた過去の資産こと重要なのです......とピケティ教授も言ってます(多分)。

Windows Phoneは資産がないので、イチから作る必要がありましたが、Fx0ことFirefox OSの場合は、やや事情が異なります。既存のWebのデータ(HTML、CSS、JavaScriptで作成されたページ)が、そのままアプリにできるという大きなメリットがあるのです。

つまり、Web上にある膨大な資産を活用できることになります。加えて、スマートフォンに搭載されている各種センサーを利用できるわけですから、アイデア次第で面白いことができるはずです。

また、Web技術をそのまま利用できるので、学習コストもほとんどありません。ちなみに、iPhoneやAndroidに搭載されているセンサー系のプログラムも、W3Cで仕様が決まっているものであれば、同じプログラムで動作します。

といっても、若干手直ししないといけない事もあります。iPhone/Androidでは速度的に問題なくても、Fx0の場合は速度とメモリで動かないこともあるからです。

ということで、まずは開発環境を整えないといけません。整えるといっても、ブラウザであるFirefoxをインストールすれば終わりです。Android/iPhoneの開発を行った人であれば、接続のためのドライバも入れる必要もありません。基本的にすぐにでも開発が始められるわけです。

アプリ名をつけたフォルダを作って、そこにindex.htmlや画像などが入ったフォルダを入れておきます。用意できたらFirefoxに用意されている開発ツールであるWebIDEを起動し、接続する携帯としてFx0を選択します。Fx0の画面に接続してもよいかの確認画面が出るので、OKすれば準備完了です。

次にアプリが入ったフォルダを指定して、WebIDEで再生ボタンをクリックすればアプリが転送され、Fx0上で実行されます。面倒な手続きがなく、転送にかかる時間も少なく、非常に簡単にアプリを作成し実行することができます。実際のアプリ開発については、別の機会に書きます。

実際のところ、既存のゲームやアプリがそのまま動作するか、というと駄目なこともあります。まず、動作するけど実用的な速度にならない、もしくは遅くてストレスが溜まるというパターンです。

グーグルマップを表示させる程度でも、ちょっと重い動作になります。インチキしまくって、まあ何とかいけるかなという程度です。思ってる以上に低速です。2〜4倍速になればWebアプリでも十分じゃないかなあと思えるのですが。

もちろん、高速に動作させるための手段は用意されていますが、どちらかと言えば端末速度を上げた方が開発者にとっては楽です。

次に、メモリ不足で動作しないパターンです。ゲームなどでは、背景画像を一枚削除しただけで動作する、ということもあります。メモリ(RAM)が1.5GBなので、iPhone 6の1GBより多いのですが、JavaScriptがメモリを食うのか他の何かがメモリを消費するのか分かりませんが、思ったほど使えない感じです。

ということで続きは、また次回。


【古籏一浩】openspc@alpha.ocn.ne.jp
< http://www.openspc2.org/ >

例によって、Fx0の開発者向けのページを作成しました。何かの参考にでもしてもらえばよいかと思います。

・Firefox OS (Fx0端末) Webアプリ開発辞典
< http://www.openspc2.org/reibun/Firefox_OS/fx0/ >

・Adobe JavaScriptリファレンス
< http://www.amazon.co.jp/dp/B00FZEK6J6/ >

・Illustrator自動化基本編
< http://www.amazon.co.jp/dp/B00R5MZ1PA >

・ExtendScript Toolkit(ESTK)基本編
< http://www.amazon.co.jp/dp/B00JUBQKKY/ >

・データビジュアライゼーションのためのD3.js徹底入門
< http://www.amazon.co.jp/dp/4797368861 >

・4K/ハイビジョン映像素材集
< http://www.openspc2.org/HDTV/ >

・JavaScript逆引きハンドブック
< http://www.amazon.co.jp/dp/4863541082 >

・クリエイター手抜きプロジェクト
< http://www.openspc2.org/projectX/ >