ネタを訪ねて三万歩[123]もう圧倒的にWindows版の方が使いやすい/海津ヨシノリ

投稿:  著者:  読了時間:9分(本文:約4,100文字)



資料を持ち歩くことが多くなってきたので、ほとんど休眠中であった初代iPadを復活させ、PDF化した資料を入れまくってみました。

こうなると出先でWiFi接続して、仕事やデータ整理などにも使えるわけですが、さすがに初代iPadでは鈍すぎるのでiPad mini購入を検討し、もうほとんど機種もiPad mini2/32GBと決めていました。

ある大学の講義ではどうしてもコンピュータが必要にも拘わらず、講義用の教室なので自前で持ち込まなくてはならず、6年ほど苦悩していました。PCがある教室であれば何の苦労もないからです。

しかし、文句を言っても始まりません。結果、キャリーで機材を持ち歩いているわけですが、公共交通機関の駅は大きな荷物を持っている場合は最悪の状況。とにかくエスカレーターがない駅の方が多いのですから。あっても上りだけなのです。そこでiPadに切り替えようと画策していたわけです。




しかし、よく考えるとKeynoteなどのデータは、画像をpngに作り直す必要があります。それでも、自分の作成したコンテンツだけを見せるのであれば、それほど大きな問題にはなりません。

問題なのは、サイト確認を行う場合です。つまり、Safariでサイトや映像確認の場合に、Flashコンテンツがあるページはアウト。いくらFlashが風前の灯火だといっても、皆無ではないのが現実ですからね。

問題の講義では様々なサイト閲覧が必要不可欠......結局、従来通りにキャリーに入れたMacBook Proを使うことに戻りました。「泣く泣く」というべきかもしれません。

しかし、初代iPadは購入して五年目ですが何のトラブルもないというのは、ある意味奇跡かもしれませんね。と、ここで想定外の選択肢に気が付きました。Windowsタブレットです。

これはちょっと検討の価値はありそうです。何を血迷ったのか? とiPadユーザーには突っ込まれそうですが、Apple環境に優しい場所ばかりとは限りません。大切なのは普通の環境です。

その普通の環境で、問題なく授業が出来ることが最優先なのです。PagesやNumbers、Keynoteが使えても、WordやExcel、PowerPointが使えなくては困りますからね。一般的な処理であれば苦労せずに使い分ける事が出来ますが、以前お話したように、文字組みを考慮していなApple製品は、案外一般ユーザー向けなのかもしれないですね。

私はどちらかというとWordやExcel、PowerPointの方が好きです。そもそもMS-Officeのうち、私はWordとExcelの使用歴は20年以上です。

もちろんスタートはMac版でした。当時はWindows版しか存在していませんでした。更に英語版しかない時代を、特殊な日本語ツールであったSweetJAMで日本語ワープロとして利用していました。

しかし、ツールとしての両者を使い込もうという意識はそれほどありませんでした。イラスト作成はIllustratorやPhotoshopが便利ですし、草稿文はJedit(大昔はYoEdit等も活用していました)で問題ありません。

こうして、Wordに関しては受け取ったデータのブラウジングにしか使わないまま、数年近くが過ぎていました。さすがにExcelは色々と活用していましたが、それでも基本的な処理だけで充分でした。

ところが、ここにきてそれなりにWordやExcelを使い込む必要が出て来て、私は唖然としました。もう圧倒的にWindows版の方が使いやすいのです。

バージョンの問題ではありません。Mac版の2011を使うのであれば、私は迷わずWindows版の2007を選択します。もちろん現在の私の環境は最新の2013(Office365)ですが、それほど「違う」ことを改めて痛感しました。

例えば、オブジェクトの微修正で使うControlキーと矢印の組合せのうち、左右の矢印を組み合わせるとDashboardが立ち上がってしまいますし、上書きモードと挿入モードの、切り替えショーツカットがありません(私が知らないだけ?)。といった具合にストレスの温床なのです。

インターフェースもWindows版と比べて非常に解りにくく、イライラしてしまいます。いや、今まではそんなモノだろうということで、距離を置いていたので気にならなかったわけです。細かい部分がMac OSXの仕様に合わせる必要があるので、無理が至る所に発生していることを痛感してしまいました。

それでも環境設定などに完全に集約されていればいいのですが、そうでもない部分も多く、完全に謎解きの域です。その点Windows版は推測が効くメニュー構成なので、とても使いやすいです。私って変ですかね〜。

もちろん、これは単に私の個人的感覚なのかも知れません。何しろ怒りにまかせてかなり誇張して書いてしまいましたので、極論だということを今頃ではありますが、お断りしておきます。

たぶん、些細な違いが生理的にダメなのかもしれませんね。取り敢えず私の環境では、Mac版Wordが恐ろしく不安定な事もストレスの要因かもしれません。オートコレクトを起動すると100%の確率で落ちます。面倒なコトは避けたいです。

そもそも、だんだん新しいコトを覚えるのが面倒になり始めている年齢(個体差があるので一概には言えませんね)なのに、新しいことを覚えることは苦になっていません。

むしろ楽しかったりするのですが、そんな観点から判断してもやはりMacOSX版のWordやExcelはちょっと辛いです。Yosemiteが、アバウト過ぎるのでAppleが嫌いになったということも少しはあるかもしれませんね。もしかしてYosemiteって「よせ! 見て観ろ〜」のコト?

実際、私のMacOSXは少し古いのでそれが問題かも知れませんが、Word2010よりは新しいです。そういえば、Painter11まではイメージホースへの登録が出来たのに、Painter12では登録オプションが選べないという状況に、某所で焦ったことを思い出しました。

私の環境では、Painter12が最新なのがいけないのかも知れません。恐らく様変更なのでしょう。最新版はPainter2015ですから......私が悪い? のかな。

●今月のお気に入りミュージックと映画

----------------------------------------------------------------------
[Holiday] by Jessie Baylin in 2012(U.S.A)

前回に引き続き、アルバム "Little Spark" の7曲目。シンプルな歌詞とリクライゼーションに効きそうなメロディーがリラックスを激しく誘発します。特に繰り返し部分の "I wish you well, I'm looking for a holiday. Some peace in this world" の歌詞がいいですね〜。

私は大学の校庭でこの曲を聴きながらボーッとしていることが最近のお気に入りです。特に駿河台大学の校庭はお薦めです。
< >

----------------------------------------------------------------------
[Big Hero 6] by Don Hall, Chris Williams in 2014(U.S.A)

邦題「ベイマックス」。もう文句なしの作品ですね。とにかく、これほど日本について大切(ファニーと言うべきかも知れませんが)に扱ってくれたことに感謝です。

好きな台詞は "It is all right to cry. Crying is natural response to pain." (泣いてもいいんですよ。泣くことは痛みに対する自然の反応ですから)ですね。Who are we?(少しネタバレ?)
< >


【海津ヨシノリ】グラフィックデザイナー/イラストレーター/写真家/
怪しいお菓子研究家

4月20日頃から、右の白目から出血してほとんどゾンビのような目になってしまいました。結膜下出血です。もちろん生まれて初めてのことで、正直かなり焦りました。さすがにみっともないので主治医に行って、速攻で点眼を処方して貰ったのですが、直った途端にまた出血を三、回も繰り返して5月の半ばに突入してしまいました。

調べて見ると、このような場合は内科に相談する事がベストとのこと。糖尿病、貧血、高血圧、動脈硬化などが要因だからだそうです。しかし、幸いなことに私には思い当たるものが今のところないので、思い切って近くで評判の良い眼科に向かいました。

余談ですが、私は生まれてから眼科は三回目です。しかも、検査以外で行くのは初めてです。かなり緊張した状態で一時間も待合室で待たされ、やっとの思いで自分の番になったときは、さすがに疲れ果ててしまいました。

で、肝心の診療結果は驚くべきものでした。なんと内科で処方して貰った薬は充血用の薬で、結膜下出血には逆効果だったのです。しかも、この点眼を使い続けていると、かなり危険な状態になったとのこと。まさにセカンドオピニオンを痛感した瞬間でした。

多くの学生がかなり気にしてくれ、眼科に行くことを親身になって勧めてくれたことに、本当に感謝です。考えてみれば、目の病気は自覚がないまま進行するものがほとんどです。定期検診をしていないことに恐怖を感じました。これからはこころを入れ替えて定期検診ですね。

ちなみに、私は10年以上前に、小学校の時に奥歯に詰めた小さなが銀が取れてしまって歯医者に行き、それ以来は年に四回の定期検診を受けています。

yoshinori@kaizu.com
< http://www.kaizu.com >
< http://kaizu-blog.blogspot.com >
< https://www.facebook.com/yoshinori.kaizu >