グラフィック薄氷大魔王[454]「iPad Pro、手に入れられず(泣)」他、関連小ネタ集/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,800文字)



●iPad Pro、まだ手に入れられず(泣)

発売日の11月11日は、AppleのWebサイトを監視しててもちっとも発売にならないし、近くの量販店に行っても入荷未定だし。夕方になってWebで発売開始されたものの、スペースグレーだけ納期が遅いのはともかく、Pencilが一〜二週かかるって! やめた。

翌日も量販店に行ったら、普通にiPad Proは売ってたw ただし、スペースグレーの128GBだけない(フチが白いと画面が暗く見えるので、黒フチが好きなのだ)。Pencilも未入荷。やめた。Pencilがあったらホワイトでもいいかなと思ったけど。

とりあえず、今やってる立体制作の目処がつくまでは、焦って入手しようとするのはやめることにした。っていうか、本体だけでペンがないんじゃ蛇の生殺し。同時に入手できるまで意地でも待つ。12月に入るころには普通に買えるでしょ。

と思ったら、Pencilが四〜五週出荷に延びてるw この分じゃマジに年内に買えない可能性も出てきた。で、ヤフオクに35,000円とかで出てるぞ。もともと品薄な上に転売屋か?

某量販店の通販で注文した友人は、13日未明(24時間配達だって!)には本体とPencil両方入手できたんだって。ぬかったー。





●サイズや重さ

「でかい」とか言ってる人もいるけど、ペンを主役とする場合の実用的にはまだまだ小さすぎる。13インチCintiqでも小さすぎるのだ。せめて17インチiPad希望。

僕的使用においてはiPhoneで十分だから、iPadを持ち歩くことはほぼない。部屋でのみ使うためのデバイスだったら、サイズや重量を遠慮することないじゃん。もっと大きくしてくれー。

●ツルツルカチカチはどうか?

ガラスにプラスチックのペンで描けば「ツルツルカチカチ」なのは当然。実際使ってみた人も「ツルツルカチカチだから吉井さんは苦手かも」って言ってる。

やっぱそうなんだろうなあ。Cintiqでやっていたように厚手のビニールや樹脂板などを貼って、摩擦を調整できるのなら工夫のしようもあるけど、iPad Proはどうなんだろう? そこが最も気になる点。

もし、ツルツルカチカチのせいでiPad Proがスケッチやドローイングのメインツールとならなくても、ペンが使えることで便利さが増すのは確実。大きめの画面で電子雑誌を読むのも楽しみ。

●Pencilが品薄

それにしてもPencilのここまでの品薄はどういうこと? ペンが使えることが一般の人にはそれほど魅力的なセールスポイントではないから、数を用意してなかったのかもしれない。

でも、真っ先にiPad Proを入手したい人の動機は「画面が大きくて老眼にやさしいから」では決してないはずだw サイズが大きくなったのはオマケで、Pencilが主役なのに。

ひょっとして、従来のiPadユーザーがPencilを使えると思い込んで買ってるのが品薄の原因のひとつだったりしてw

Pencilを付属品にしなかったのをうがった見方をすれば、Magic Mouseの右側の初期設定がわざとらしく右クリックにしてないのと同様、ペンを否定していたAppleのいじらしいカモフラージュなのかもw

●パソコンの時代が本当に終わりに?

「Surface Proは一台だけで全部済ませられる。iPad Proは他のパソコンといっしょに使う前提」という記事もあったけど、用途によってはiPad Pro一台で全部済ませられる可能性もあるんじゃないかと思ったりする。

1週間使ってわかった魅力「iPad Proは悩ましい存在」
http://ascii.jp/elem/000/001/076/1076982/

僕的には、2DのイラストレーターだったらiPad Proで完結できる可能性大きいかも。ファイル管理が不便というのもあるけど、iCloud他のクラウド保存前提でやり方を整えればいいわけだし。どういう場合にiPadで済ませられないのか考えると、一般の用途ではもうほとんど支障ないんじゃない?

MacやPCが今すぐ消え去るわけじゃないし、無理にiPad Proだけで仕事しようとも思わないけど、「仕事や生活がこれの登場の前後で明らかに変わった」ってものにはワクワクする。本当に変わるかどうか確かめてみたい!

●iPadと紙

デザイナーたちは、仕事にiPadをつかっていない:調査結果
http://wired.jp/2015/11/11/sorry-apple-turns-out-designers-dont-use-ipads/

『回答者の64パーセントが「(時代は2015年だというのに)いま最も重要なツールは、鉛筆と紙だ」と答えていることだ。』

デジタル時代になっても、最短距離で考えを書き留められるのは紙と鉛筆(ペン)。それでも、鉛筆と紙以上に便利なものはないものかと誰もがずっと探してた。iPadもその有力候補だったんだけど、ダメだった。

ようやく、iPad ProのPencilが、鉛筆と紙一人勝ち状態を揺るがすかもしれないという期待。使われていないというiPadとiPad Proはペンの有無でぜんぜん違う。

……とはいえ、大量にラフを描かなくちゃいけないからと禁を破ってCintiq13インチを再購入したのに、ほぼ使わずに鉛筆と紙で済んじゃったんだよなあ。

ブラッシュアップはデジタルが向いているとも言えるけど、やはり紙と鉛筆以上に総合的に便利なものないもんね。 Appleは鉛筆と紙を発売すればいいのに。あ、ボールペンなら持ってるw そういえば、フリクションボールは新しい時代の鉛筆になるのかも。


【吉井 宏/イラストレーター】
HP http://www.yoshii.com
Blog http://yoshii-blog.blogspot.com/

パリ同時多発テロ事件。仕事関係はじめ、知り合いがけっこういる。こんなとき、「Facebook災害時情報センター」という仕組みがあるのね。全員の安否確認ができて安心した。

・パリの老舗百貨店Printemps 150周年記念マスコット「ROSEちゃん」
http://departmentstoreparis.printemps.com/news/w/150ans-41500

・rinkakの3Dプリント作品ショップ
https://www.rinkak.com/jp/shop/hiroshiyoshii

・rinkakインタビュー記事
『キャラクターは、ギリギリの要素で見せたい』吉井宏さん
https://www.rinkak.com/creatorsvoice/hiroshiyoshii

・ハイウェイ島の大冒険
http://kids.e-nexco.co.jp

・App Store「REAL STEELPAN」
https://itunes.apple.com/jp/app/real-steelpan/id398902899?mt=8