腕時計百科事典[09]腕時計のブランド(シチズン)/吉田貴之

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,600文字)



今回ご紹介するのは「シチズン」です。日本を代表する時計メーカーでありながらセイコーの影に隠れてしまいがちなシチズンですが、その卓越した技術力やチャレンジ精神に満ちた企業姿勢は、一番ではないからこそ培われたもののようです。





●時代背景

シチズン社の前身である「尚工舎時計製作所」の設立は、第一次大戦終結した1918年でした。当時の日本では懐中時計が主流で、国内シェアの半分を輸入品に頼り、残り半分を服部時計店(セイコー)が生産していました。

世界市場では、スイスとアメリカで総生産量の8割を占めており、「大量生産のアメリカ」が「品質とデザインのスイス」を追い抜き、時計産業のトップに君臨した時代でもありました。

●ブランドの興り

シチズンの創業者、山崎亀吉は銀座に時計貴金属店を構えており、明治から大正にかけて東京時計商工業組合の幹部を務め、業界全体の発展に貢献した人物でした。

尚工舎設立後も時計製造に関して大変研究熱心で、その姿勢は技術革新に意欲的な現在のシチズンにも通じています。尚工舎として第一号の時計は、後の社名ともなる「シチズン」という名の懐中時計で、海外製の部品との互換性をなくすため、あえて独自のネジを使用し、国産時計メーカーとしての自立を図りました。

●シチズンの命名

シチズンの名は当時の東京市長、後藤新平によって命名されました。その後の世界大恐慌の真っ只中であった1930年、シチズン株式会社が誕生します。

それまでの懐中時計主流の時代から、本格的に腕時計へと本格的に移行している時期で、シチズン株式会社は創立一年で自社初の腕時計を発表しました。

最初の腕時計は、スイスのプルミエル・キットという安価な腕時計をモデルとしましたが、その後相次いで発表した製品では、徐々に高級指向を打ち出していきます。

●戦争と戦後

1938年からは戦時下ということで社名の変更を余儀なくされ、一時的に「大日本時計」となりました。再び「シチズン時計株式会社」の社名を復活させたのは1948年のことです。

戦後、腕時計はアナログからデジタルへ、機械式からクオーツへと変遷していくなか、シチズンは1960年頃から本格的に海外進出を始め、飛躍的な成長を遂げます。

その結果、1993年には時計の生産量世界一を達成しました。2007年4月に持ち株会社「シチズンホールディングス」を設立し、現在に至っています。

●技術のシチズン

尚工舎時代よりスイスの時計技術を熱心に研究し、時計学校を設立して技術者の養成に力を入れていた創設者の精神が、今でも「技術のシチズン」として強く反映されています。

第二次大戦後、通産省による時計コンクールが行われていましたが、国産品と輸入品との品質に差がなくなったことを理由として、1960年で打ち切られました。この頃からシチズンの本格的な海外進出が始まり、国内他社に先行して海外に工場を設立するなど積極的な展開をしています。

●国内初/世界初の開発

国内では最大手であるセイコーに次ぐ時計メーカーでありながら、国内初となる技術開発が多いことでも知られています。耐衝撃装置やアラーム機能、電子腕時計、アナログ&デジタル腕時計などがそれで、また音叉時計や耐圧1300mのプロダイバーズウオッチなどは世界初の開発でもあります。

●現在のシチズン

現在のシチズンはクオーツ時計が主流製品ですが、革新的な技術開発に余念がなく、エコ・ドライブ(太陽光発電)や電波による時刻修正などの特徴を備える高性能時計を発表しつつも、リーズナブルで親しみやすい製品も展開し続ける、その名の通り市民に愛される「世界の時計メーカー」になりました。


【吉田貴之】info@nowebnolife.com

イディア:情報デザインと情報アーキテクチャ
http://www.idia.jp/

兵庫県神戸市在住。Webサイトの企画や制作、運営を生業としながら、情報の整理や表現について研究しています。