ところのほんとのところ[138]そんな時、焦るな! 急ぐな! 考えよ!/所 幸則 Tokoro Yukinori

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,400文字)



データってほんとに大事ですよね。今の時代、自分が書いたテキストもデータだし、アポイントとって来る相手もメールだし。飛行機の予約やホテルの予約だってネットで確認したり、発注した品物がいつ届くかなんかもネットで。

写真や絵だって音楽だって、データの占める比率は大きいですよね。特に映像や画像、音楽はそれがどんどん大きくなっていく。

HDDだって最初の頃は40MBで16万円とかでしたが(知らない人の方が多そう)今や16万出せば、12TB(テラバイト)以上の大きさのものが手に入ります。

40MBって、いま[ところ]の使ってるカメラのデータ1枚も入らないんですから、TBなんてほとんどの人が考えたこともない大きさでしたよ。




まあ、40MBのHDDはMacがまだフルカラーじゃなかった時代の話だけど。[ところ]も高価なRAIDケース買って、データが破損しても大丈夫なようにバックアップを取っていました。

それでも、HDD自体が認識しなくなるっていう場合はもうダメだったり。CDやDVDに焼いたりもしていたけれど、読み込みが遅いし、しばらくすると消えていたり。10年持たない説があったりします。

そしてそういうバックアップの取り方する人はあまりいなくなり、ネットにアップする人がずいぶん増えてきていますね。

[ところ]は、DVDなどは遅くて容量の割に高いと感じるし、ネット上に置くことにはやっぱりまだ抵抗があって、何台かのHDDで複数バックアップを取るようにしています。

しかし、それでもかなり辛い目に何度かあっています。油断と寝不足で操作を誤り、大切なデータを消してしまったんです。

ミスをした時は、焦るな! 急ぐな! 考えうる限り回り道になりそうな方を選べ! が教訓になりました。余裕を持ったHDDの使い方をしなければいけないと、つくづく思いました。

[ところ]は最近、人との出会いが人の歴史や文脈を作っていくんだなあということを、改めて痛感しています。

どのタイミングでどんな人と出会い、どこへ自分は向かおうと思ったのかも含め、一つ一つ意味があったなと。少しでもタイミングがずれたら、違う道にずれていったわけですよね。もちろん、すべての人に言えることですが。

次回以降、まとめて書いてみようと思います。


さて、神戸のギャラリー・タントテンポでの個展もいよいよ終盤にかかってこようとしています。そろそろ展示作品の掛け替えも始まります。

◎所幸則写真展 Einstein Romance

2016年2月6日(土)〜3月13日(日)12:00〜18:00 ※月・火・祝日休廊
Gallery TANTO TEMPO(タントテンポ)
神戸市中央区海岸通2丁目4-8 第2日新ビルB1F TEL.078-335-6510
http://tantotempo.jp/web3/

写真家・所幸則によるトーク 3月12日(土)16:00から 参加費1,000

3月6日(日)の15時から18時までは在廊しますので、作家本人に会って話をしたい方は是非どうぞ。ちなみに、個展会場に飾ってない作品でも、写真集「アインシュタインロマン」に掲載されている作品は、オリジナルプリントで買うことができます。詳しくはギャラリーでお尋ねください。お待ちしています。


【ところ・ゆきのり】写真家
CHIAROSCUARO所幸則  http://tokoroyukinori.seesaa.net/
所幸則公式サイト   http://tokoroyukinori.com/