ところのほんとのところ[141]るいまま組 瓦町プロジェクト/所 幸則 Tokoro Yukinori

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,300文字)



さて、新しい年度になり、渋谷のオフィスには大阪芸術大学から辞令が届いていました。毎年、辞令って来るんだなー、と言うのが正直な感想でした。

もう14日には第一回目の講義をしに行くんだな。作家論での最初の講義なので、また、自己紹介など含めての写真に対する考え方なんかの話をするのかな。

るいまま組 瓦町プロジェクト
香川県高松市瓦町2丁目7-14 1F

そして、4月15日〜17日は「るいまま組瓦町プロジェクト4月席」の内容が決まりました。K-Lovers photograhersがお届けするファインアートの世界。

前期4月15日(金)〜17日(日)後期4月28日(木)〜30日(土)の前期です。




瓦町プロジェクトというのはかつて、香川県で最も一日の乗降客が多かった、四国でも最も栄えた瓦町エリアが、今は見る影もなくなっているのを憂いて復興しようというプロジェクトです。

[ところ]は幼少期にこの瓦町に住んでいたので、香川で様々な街の活性化に尽力している「るいまま組」に、K-Lovers photograhersの選抜展示を通して協力することにしました。

「地方に住んでて写真家になれるのか?」

誰もが持ってる疑問に、所幸則が答えるべくスタートした写真家集団「Kラバーズ」のまちなか有志選抜展第一弾。二人がそれぞれの感度で映した香川の新風景。

山田祐司は、雨の日の香川の人たちの過ごし方、人間像をスナップの手法でとらえた、香川でしか見られない写真になっています。

対して谷口浩之は、香川の名所のひとつ、ランドマーク裏五剣山を生活者の視点から追っています。

写真の舞台がどこだかすぐわかる人も、ピンとこない人も是非ご来場ください。入場無料ですがカフェのご飲食をお願いします。

作家在廊予定:山田/4月16日 谷口/4月15日
会期中、チーム主宰・所幸則も3日とも数回来場する予定
ファン、写真マニア(?)はお見逃しなく

「ワインと写真の夕暮れ」

ワイン通として知られる写真家・所幸則セレクトの個性の違うふたつのワインを楽しみながら、写真のことワインのことを語らう日曜日の夕暮れ。

日時:4月17日(日)17:00〜18:30

会費:2000円(2種類のワインテイスティング+ちょっとつまめるピンチョス
付き、2杯目からはキャッシュオン)
定員:25名
会場:るいまま組瓦町プロジェクト

瓦町フラッグの「アスパラ大騒ぎ」のあと、るいまま組瓦町プロジェクトで、ほっとクールダウンをどうぞ。

中国・四国地方でも特に支店文化の強い高松ならではの特徴として、ワインバーが非常に多いことがあげられます。ところが、ワインについていまひとつわからないまま、経費で飲んでいる観があります。

そんな高松で、初歩的なところからワインを理解し、楽しんでもらおうという試みです。ワインについてもう少し知っていたら、ワインのあるお店でもバカにされませんよ。

今回は同じぶどう品種、同じワイナリー、同じ醸造家が作ったけれども全く個性が違うワインを飲んでもらいます。気楽に来てね。

https://www.facebook.com/pages/るいまま組-瓦町プロジェクト/524564094375584


【ところ・ゆきのり】写真家
CHIAROSCUARO所幸則  http://tokoroyukinori.seesaa.net/
所幸則公式サイト   http://tokoroyukinori.com/