LIFE is 日々一歩(30)[スイーツ]わたしの普段使いのおすすめスイーツ7選/森 和恵

投稿:  著者:  読了時間:8分(本文:約3,600文字)



こんにちは、すっかり暖かくなりましたね。桜シーズンもあっという間でした。

わたしは、3月末から2週間ぐらい風邪で寝込んでいまして、回復したら桜が終わってました。とても悲しいです。長引く系の風邪が流行っているようですので、お気をつけくださいませ。

寝込んでいる間は、ほとんど食事ができずにいました。胃が小さくなってしまったのか、その後もあまり量が食べられません。食欲もいまひとつなので、好きなものを少しづつ食べながら体力を戻しているところです。

ということで、今回は美味しいものの話題をします。わたしが、おやつとして普段から買いにいくお店を紹介しますね。

だらだらとお菓子を食べてしまうと際限がないので、うちは駄菓子を買い置くということはほとんどしません。町中へ外出したときにデパ地下や専門店で「スペシャルなおやつ」を買ってきた時だけにしています。

住まいは大阪なのですが、梅田・なんば・天王寺あたりのめぼしいお店の情報をいつも探しています。デパ地下なんかは、用事もないのに新しいお店ができてないか探しに行ったりするほどです。

いろいろと買いましたが、中でもお気に入りの店がいくつかできてきました。「お店につい足が向く」というのでしょうか。

気負わず安心して買えるお店というのは、味が好みに合っているだけでなく、お店の方の対応がよかったり、笑顔で接してくれたり、買っているときから気持ちよくさせてくれることが条件になっているようです。




●「かむろ」のいちご大福
http://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/04/a02/00380325/

いきなり季節限定商品で恐縮なのですが、最近であった感動のいちご大福を提供するお店です。あちこちのお店でいちご大福を食べましたが、このお店が最強です。ぜひ季節が終わる前に食べて欲しい、そんな思いで紹介しています。

このいちご大福は、口に入れたらスッと溶けます。「えっ? マシュマロかしら?」と思うほど、ふわっふわなのです。お餅感ゼロかもしれません。そして、中にはやさしいあまさの黄身餡と、あまずっぱいいちごの味が広がります。

今春出会ったばかりなのにもう三回はいただきました。感動のいちご大福です!


●イスズベーカリー
http://isuzu-bakery.jp/

パン屋さんなのですが、イチオシです。神戸にしか店舗がありません。小さい頃から親しんできたパン屋さんです。

おすすめは、ハード山食とトレロン。いまでも神戸に行くと、この二つはかならず買って帰ります。
http://isuzu-bakery.jp/?cat=11

山食パンは、内閣総理大臣賞をもらうほどの評判で、実家にいた時はお正月に一斤まるごと買って楽しみに食べたものです。トースターでカリッと焼けば香ばしく、何もつけなくてもそのまま美味しいのです。

トレロンは、粗挽きソーセージをフランスパンで巻いたステック状のパン。フランスパンが香ばしく、具のソーセージがピリッと辛い、お酒のおつまみには絶好の一品です。

また、店内の隅に置かれた焼き菓子も絶品です。大きめのクッキーや一人分ずつカットされたパウンドケーキなどもついで買いしちゃいますね。

●PAUL
http://www.pasconet.co.jp/paul/

またまた、パン屋さんなのですが、PAUL(ポール)というお店。フランスのパン屋さんです。

フランスだけに、フランスパンが絶品なのは当然ですが、ここはヴィエノワズリー(おやつパン)が最高に美味しいのです。カスタードやフルーツをふんだんに使った甘いパンに魅了されてしまいます。それでいて、ちゃんとパン生地も美味しいのがステキなところです。

カヌレやアップルパイなども絶品です。朝食用のパンとおやつをまとめて買いたいときによく行きます。

●たねや
https://taneya.jp/home/

全国区でおなじみの和菓子屋さんです。デパ地下には、大抵入ってるんじゃないでしょうか。本店は滋賀県にあって、現地にいくとさまざまな形態のたねやさんに出会えます。好きすぎて、泊まりがけで滋賀にいって「たねやめぐり」をしちゃいました。

ここが好きな理由は、単純にどれを食べても品が良くて美味しいからです。和菓子は、味が命だと思っているのですが、ここの和菓子は、甘すぎたり、物足りなかったりせず、ちょうどいいバランスなのです。

加えて、季節に合わせてこまめに限定商品を販売してくれるところも好きです。春の桜餅、夏の水ようかん、秋の月見団子…などなど。直近で楽しみなのが、5月の柏餅、6月の水無月でしょうか。たねやのお菓子で季節の到来を感じるといっても過言ではないぐらいです。

「今日は和菓子の気分だなぁ」と思ったら、ここに訪れています。

●バルイエット
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27084362/

トフィーチョコレートと珈琲の専門店です。前はルクア大阪にあったのですが、この春から天王寺MIOに移転しました。

トフィーとは、やわらかいキャラメルをナッツやドライフルーツに絡めたもので、アメリカのおやつです。このお店では、さらにチョコレートと合わせたものになっています。

板状に仕上げたトフィーチョコレートを砕いて、量り売りしてくれます。定番の味がいくつかと季節の味があります。

わたしが好きなのは、「ジャンブルピープス」。ピーカンナッツとパンプキンシードとオレンジピールを混ぜたもので、食べ応えがあるけどさわやかな味です。また、「オーサカストラット」というパイナップル味にホワイトチョコレートをつかった商品も美味しいです。

かわってるのが、トフィーチョコレートに合うコーヒー豆も販売しているところ。大阪、兵庫など地元の焙煎所から仕入れています。珈琲とチョコの両方が買えて、重宝しているお店です。


●ビスキュイテリエ ブルトンヌ
http://www.bretonne-bis.com/index.html

阪急梅田店にあるフランス焼き菓子のお店です。リニューアルオープンからずっと人気のお店です。

焼き菓子の専門店って、なかなかないんですよ。大抵、ケーキ屋さんの片隅でちょこっとおいてあったり、パン屋さんが片手間にしてたりするぐらいです。

わたしは、生ケーキよりも焼き菓子の方が好きなので、こういうお店はとても貴重ですね。

とくにおすすめは、「ガトー・ナンテ」。季節ごとのフルーツを使って、見ため美しくつややかに仕上げられています。一見ケーキのように見えますが、焼き菓子なので少しだけ日持ちするのもありがたいです。
http://www.bretonne-bis.com/item/gateau_gn.html

「ウイークエンド」という、レモン味のパウンドケーキもおすすめです。これは名前の通り、週末に家族で楽しむためのケーキで、フランスでは定番のお菓子なのですが、置いているお店はなかなかないのです。
http://www.bretonne-bis.com/item/gateau_we.html

●ラ・スール
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27090674/

カヌレの専門店です。最近、阪神梅田にオープンしたばかりです。福岡で人気のお店なのですが、縁のある阪神梅田のスイーツバイヤーさんが連れてきたそうです。

ここのカヌレの特長は、お値段が手頃なわりにサイズが大きいこと。カヌレはお高いので、どのお店で買ってもひとつ250円ぐらいします。お店によってはひとくちでパクッと食べられる程の小ささです。ここのカヌレは食べでがあります。

バニラ、ラムなどの定番味のカヌレの他に、オレンジ、あまおうなど季節商品もあります。四つ買うとオシャレな箱にいれてくれるので、ちょっとしたおつかいものにもいいですね。

ということで、今回はここまで。気になったお店があれば、ぜひチャレンジしてみてくださいね。はずれなしだとおもいます。

さて次回こそ、Web系ネタをしようかと思います。バージョンアップしたばかりのWordPress4.5かな。ではでは、また!(^^)


【森和恵 r360studio 〜 Web系インストラクター 〜】
site: http://r360studio.com
mail: r360studio@gmail.com
Twitter: http://twitter.com/r360studio

地震で不安な思いをされてる方、日本中にいらっしゃると思います。私も神戸で経験しているので、心中お察しいたします。

解決には時間が必要です。でも、きっと安心できる時が来るので、気長にゆきましょう。あけない夜はないと思います。

web系の担当講座、好評受付中です。
4月は、WordPressセミナー2本立て! おすすめです。
http://r360studio.com/seminar/