crossroads[20]4Kテレビにご注意/若林健一

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,400文字)



こんにちは、若林です。夏休みまで二週間となり、「親子で○○」「小学生のための○○」と題されたワークショップや、体験会の告知をよく見かけるようになりました。

一方で大人の方はというと「○○女子会」「○○ガールズ」といった女性向けのセミナーやワークショプを耳にします。

「大人の男性向け」ってないんですよね、まぁ「大人の男性向け」を謳ったところで、アピールにはならないのでしょうけれど……。大人の男性のひとりとしては寂しい限りです。

なつやすみ親子でデータサイエンス
http://www.sascom.jp/oyako16/

10代のための人工知能プログラミングワークショップ
http://connpass.com/event/35124/





●4Kテレビをお持ちの方に

家電業界を離れて三年以上が経ち、業界の話題にすっかり疎くなっているのですが、総務省がこんなお知らせを出しているそうです。

現在市販されている4Kテレビ・4K対応テレビによるBS等4K・8K放送の視聴に関するお知らせ
http://bit.ly/29k7gmA

内容を簡単にまとめると、以下の通りとなります。

1)現在4Kテレビ・4K対応テレビが販売されている。

2)現在4Kの番組が観られるのはケーブルテレビ、CS放送、IPテレビ、ネット配信の番組のみ(地上波での4K・8K放送は予定なし)。

3)2018年からBS放送で開始される4K・8K放送は「4Kテレビ」であってもテレビ単体では視聴できない。

●4K・8K放送とは

そもそも4K・8Kって何? ということなのですが、現在、地上波やBS放送で見ているデジタル放送はハイビジョン放送と呼ばれるもので、画面の解像度が横1920×縦1080の細かさで放送されています。

これを更に細かくしたものが4K・8K放送で、4Kが横3840×縦1080、8Kが横7680×縦4320。横の細かさがそれぞれ約4,000、約8,000なので4K、8Kと呼ばれています。

画面のサイズ(面積)が同じなら、4Kテレビの一つの点の大きさは今のハイビジョンの1/4、8Kテレビなら1/16の細かさということになります。

アナログ放送からデジタルハイビジョン放送になった時も、画面の細かさに驚いたものですが、4K・8K放送では更に細かくなります。

細かくなるとどうなるのか? というのは人によって感じ方が違うかもしれませんが、私の場合、画面に映るものの滑らかさの表現が増したり、立体感(奥行き感)が増した印象を受けました。

さらに家庭に置くテレビには、「4Kテレビ」と「4K対応テレビ」の二種類があります。

CSの4K放送を受信できる機能(チューナー)を内蔵したテレビが「4Kテレビ」。テレビ単体では4K放送を受信できないけれど、外部機器を接続すれば4Kの細かさで表示できる性能を持ったテレビが「4K対応テレビ」です。

●今回のお知らせの意味

今回のお知らせは、この「4Kテレビ」であってもBS放送については別途受信用の機械(チューナー)が必要ですよという注意喚起で、おそらく店頭でも同じ告知がされるものと思います。といっても、すでに購入した方にはどうしようもないですよね。

BS放送での4K放送は今年の8月に試験放送が始まり、2018年に本放送が始まる計画です。

もちろん、この試験放送も現在販売中の「4Kテレビ」では観ることができません。どれだけの方がBS放送に期待してテレビを購入されるのかはわかりませんが、「4Kテレビ」ということで買ったもので観られない「4K放送」があるというのは理解に苦しみますね。

●ミライノテレビ

そもそも、今のテレビで4Kほどの細かさでみたい番組がどれだけあるのか? というのも疑問ですし、これだけややこしい話になってくると、「もうテレビなんていいや」ということになり、テレビ離れが加速していきそうな予感がします。

今の若い人たちには、YouTubeやニコニコ動画のようなネット動画の方が人気ですし、子どもにいたっては「テレビって途中からしか観られない変なもの」と思っている子もいますので、ますますテレビ(放送と言った方がいいかもしれません)の人気は下がっていくんじゃないかなと思います。

以前、「ミライノテレビ」と題して記事を書いたことがあるのですが、いよいよテレビは受信機能と表示機能を分けて製品として販売し、利用者が自由に選んで購入し、必要な部分だけを買い換えられるようになるべきだなと、あらためて思います。

ミライノテレビ
http://bit.ly/tv-of-the-near-future

テレビに接続する機器としては、Appleの「Apple TV」やAmazonの「Fire TV」が有名ですが、シャープからも「AQUOSココロビジョンプレーヤー」という製品が出ています。

私も店頭で試してみましたが、使い勝手はなかなか良いと思いますし、音声検索は精度が高くて便利です。

音声検索そのものはスマートフォンなどでもできますし、珍しいものではありませんが、周りを気にせずに声を出せる家の中というのは、音声検索の良い利用方法だなと思います。

AQUOSココロビジョンプレーヤー
http://bit.ly/29h3yeq

Apple TV
http://www.apple.com/jp/tv/

Fire TV
http://www.amazon.co.jp/dp/B00UH6MXT8

話がそれてしまいましたが、これから「4Kテレビ」を買おうという方、ご注意くださいね。


【若林健一 / kwaka1208】
Web: http://kwaka1208.net/
Twitter: https://twitter.com/kwaka1208

CoderDojo奈良&生駒の開催予定
http://coderdojo-nara.org/
奈良:7月16日(土)午後
生駒:7月30日(土)午後