グラフィック薄氷大魔王[482]「CharacterBox登場」と「Surface Pro 4にシネマディスプレイ」/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:7分(本文:約3,400文字)



●キャラクターアニメーションツール「CharacterBox」登場

しばらく前から開発中だった、MODOのプラグインCharacterBox。

スニークプレビューの動画では夢のようなとんでもない高機能が紹介されてて、現実にリリースされるものだとはとても思えなかったけど、ホントに出た〜〜。マッスル(筋肉)までついてる!

http://www.psoft.co.jp/jp/product/cbox/index.html
https://www.youtube.com/playlist?list=PLGtptx70p3_xXzGvezmAWFjP-qoTKVEhH

簡単に言うと、MODOでキャラクターを動かすためのリグ(骨や関節やコントロールの仕組み)のセット。キャラクターのモデルに組み入れて使う。

「リグ作成」は3DCGキャラクターアニメーションの、ややこしく面倒くさく難しい工程。ゼロからリグを作るのは非常に大変で神経を使う作業。

それで、最近の(高めの)統合3Dソフトでは、設定済みリグセットや自動リグ設定のようなツールが搭載されていたり、プラグインで用意されていることが多い。





僕が使っていた3ds Maxには古くから標準でBiped(CharacterStudio)が入っていたのに加え、CAT(Character Animation Toolkit)というすごいツールが搭載されている。

CATがこのCharacterBoxのお手本になってるようだけど、簡単〜複雑な人型リグだけでなく、動物や多足生物や鳥まで、様々な生き物に対応できる。

歩きや走りも、コースを設定してスライダを調整するだけで、全身の動きをコントロールできる。マッスル(筋肉)の表現もできる。

MODOにもキャラクターアニメーションができるように基本的なリグの仕組みはあるけど、やはり面倒くさい作業。相当練習して簡単なキャラクターアニメーションを作れるようになったけど、やっぱ面倒。

ラクに設定ができるように手助けしてくれるACS(Auto Character Setup)というプラグインもあって、購入したけど結局使わずじまい。

このCharacterBoxが紹介されている通りの機能なら、3ds Maxでちゃんとリグを組まずに、CATだけでアニメーションつけてた僕的には最強のツール!

Autodeskの業界標準ソフトの強さにはかなわんだろうけど、個人で使う分にはMODOマジ最強になっちゃうんじゃないか?

と、期待が高まったところで……ガ〜〜〜ン!!
え? え? Mac版はないんだって??? そんなあ〜〜……orz

うう。どうしても使う場合は、Parallels上のWindowsにもMODOを入れるというマヌケなことに……。Windowsマシンはあるよ一応、Surface Pro 4が。でも、あのペンって中クリックできないから、MODOがちゃんと使えないんだよ〜。

●Surface Pro 4にシネマディスプレイ

MODOのCharacterBoxがWindows版しかないってことで、じゃあSurface Pro 4に外付けディスプレイを接続して、普通にintuosで使えばペンの問題は解決する。

調べてみると、ディスプレイを繋いだりしてデスクトップマシン的に使うには2万円もする純正のドックを使う?
http://bit.ly/297tXqy

Amazonのレビューを読んでたら、「ミニディスプレイポートと何かを同時に使えない(怒)」みたいなこと書いてあって。

ん? Appleの規格のミニディスプレイポートがWindowsマシンについてるの? ドックの写真にはミニディスプレイポートが確かに2つ並んでる。

Surface Pro 4の側面を確認してみたら、なんとミニディスプレイポートがある〜! 気づいてなかった。

シネマディスプレイを接続してみたら、使えた〜〜! 素晴らしい!
http://www.yoshii.com/dgcr/surface4pro_cinema.jpg

でも、単に外付けディスプレイを接続してるだけでGPUはいっぱいいっぱいみたいで、内蔵ファンがシューシューフル回転。実用にはならないかな……。

Windows更新も済ませて気を取り直し、もう一度接続してみたら、接続してるだけでシューシュー回るのはなくなった模様。

でも、シネマディスプレイのみに表示に設定すると、180度逆さまにしか表示できず、画面の回転も効かない orz

画面の拡張のモードなら高解像度でシネマディスプレイ使える。WACOMのドライバも入れた。マッピング画面の切り替えで両方の画面をなんとか使える。

MODOってcommandキーの扱いがMac標準じゃなく、controlキーを使う方式が基本。なので、WindowsでもMacのキーボードがほぼ違和感なく使えるのは便利。でも、Windowsのキーボードで使おうとすると、配列がぜんぜんちがうのでやりにくい。惜しい。

いやしかし、Surface Pro 4、いろいろ文句言ってるけど……、普段は大きなディスプレイに繋いで使い、タブレットPCや持ち出し用としても使うって考えると、理想の形態なんだよなあ。

●おまけ、Surface Pro 4の描画が速くなった

あれ〜? さっきアップデートしたのと、WACOMドライバ入れたのが関係あるのか、Photoshopでのブラシ描画が見違えるほど速くなってる。なんだこれ?

今までカーソルにストロークがぜんぜん追いついてこなくて、シャカシャカ描けなかったんだけど、めちゃくちゃ軽くなってる。Core i5のマシンだから遅いのかと思ってた。この軽さだったら普通にドローイングに使えそう。今までの重さは何だったんだ?

わかんないけど、ひょっとして初めて外部ディスプレイに繋いだことで、今までちゃんと働いてなかったGPUの機能が目覚めたとか、そういうことなのかも。本気出してなかったのか?


【吉井 宏/イラストレーター】
HP  http://www.yoshii.com
Blog http://yoshii-blog.blogspot.com/

なのにCharacterBox、今はいじれないのです。少なくとも7月いっぱいガマンするぞ! とはいえ、アニメーションは専門家にやってもらうほうが上手くて早いに決まってるからってことで、アニメーション制作に興味持つの自粛してたんだよなあ。

「コンテンツ東京2016」行ってきた。ちょっと今後の参考にしたかったので偵察してきました。出展してる知り合いとしゃべったり楽しかったです。

ダバカンさんのブースで、三週間前に導入したばかりという3Dプリンタで作った可動ゴリラ人形を見て、やっぱ3Dプリンタやってみたいかな……と心がグラつく。買っちゃうと必要以上にハマるのはわかり切ってるから、ガマンしてるのに〜w

・「東京浅草画廊 Gei(藝)」オープン
ある会社に関係するアーチストの作品を販売する画廊がオープンしました。DMのビジュアルが僕の立体作品「Nyoro」です。僕は2点を出してます。常設展示としてしばらくやってる見込み。

DM表 http://www.yoshii.com/dgcr/Gei_DM_1.jpg
DM裏 http://www.yoshii.com/dgcr/Gei_DM_2.jpg
ホームページ http://tokyoasakusagallery.wix.com/-gei

注意。ホームページやDMの所在地「台東区浅草1-24-3」をGoogleマップで検索すると、「浅草橋1-24-3」が出ます。画廊によれば浅草の「-3」が最近出来てGoogleマップにまだ反映されてないんじゃないか? とのこと。AppleやBingのマップでは正しく出ます。

・ショップジャパンのキャラクター「WOWくん」
https://shopjapan.com/wow_kun/

・パリの老舗百貨店Printemps 150周年記念マスコット「ROSEちゃん」
http://departmentstoreparis.printemps.com/news/w/150ans-41500

・rinkakインタビュー記事
『キャラクターは、ギリギリの要素で見せたい』吉井宏さん
https://www.rinkak.com/creatorsvoice/hiroshiyoshii

・rinkakの3Dプリント作品ショップ
https://www.rinkak.com/jp/shop/hiroshiyoshii