グラフィック薄氷大魔王[486]制作環境を変えるかも「Astropad2」/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:7分(本文:約3,300文字)



●Astropad2、出た

液晶タブレットWACOM Cintiq 13HDは小さすぎて不満はあるものの、描画作業をラクにしてくれる点では非常に助かってる。

しかし、PC一体型と違ってUSBや電源ケーブルがうじゃうじゃするのがどうしてもダメ。どう配置してもスッキリ使えない。

それで言えば、iPad ProがWi-FiかUSB一本で、Macの液タブになるアプリ「Astropad」は相当いいはずなんだけど、範囲設定が煩雑でめんどくさいからすぐ使うのやめちゃう。そろそろ降参して大きな液タブを導入しようかな。

と、Facebookに書いた直後に、新バージョンAstropad2が出た!

http://astropad.com/ja/
https://itunes.apple.com/jp/app/astropad-graphics-tablet/id934510730?mt=8

入れてみた。「3倍高速になった」とのことで、確かに動作が軽くなってる印象。従来のAirPlayに代わってLIQUIDというテクノロジーを搭載したそうで、Wi-Fi接続でもほとんど遅延がない。

USBのほうが速いことは明らかけど、Wi-Fiでも使えなくもない。これなら以前よりも快適に使えそうな気がする。

しかし、やはり範囲設定がめんどくさい。27インチのシネマディスプレイと併用すると、全画面にすると小さすぎ、100%では大きすぎる。

Macの画面解像度を落とせばAstropad上では大きくなるけど、パネルのレイアウトが変わってしまって面倒。それなら別マシンでCintiq 13HDを使うほうがマシ、と思ってたら……!





●ワンタッチで範囲変更できる!

「リングボタンを指で押さえながらズーム/スクロール」!

え? そんな機能あったっけ。確認したら、最初からある機能だった。

これすごい! 範囲の設定が簡単にできる。描画しながらどんどん気軽に範囲を変えることさえ可能。知らんかった〜!

ユーチューバーの人の解説にもリングボタンの使い方が出てくる!
(4分40秒あたりから)


範囲設定が簡単にできるなら、Mac側の解像度をいじったりレイアウトを変えずに済むのでありがたい! これは使える! リングボタンのショートカットがMacのキーボードでできれば最高なのだが。

●Photoshopで専用ブラシを作った

筆圧カーブも見直されたそう。筆圧の個人設定ができるようになったのかと思ったらそうではなく、筆圧曲線をチューニングしたってことらしい。

でもPhotoshopで描いてみると、僕にはやはりちょっと硬いなあ。で、筆圧の硬いAstropad専用にPhotoshopのブラシ設定を作ってみた。筆圧流量の最低値を上げたら硬くなくなった。

●実用としてはどうか?

Photoshopドローイングと、MODOのテクスチャペイントをしばらく試してたんだけど、確かに描きやすい。
http://www.yoshii.com/dgcr/Astropad2-modo_painting.jpg

iPad Pro+Pencilの性能もあるだろうけど、Cintiq 13HDより描きやすいと感じるのは、同じ13インチでも画面の比率が違うから。Cintiqを横位置で使う場合の縦が16.5cmに対して、iPad Proは19.5cm。3cmの違いは大きい。

そうなると、iPad Proの17インチがほしい! せめて15インチでも。

普段、シネマディスプレイと板タブintuosで作業してて、ちょっとだけ液タブ使いたいって場合は、別のMacに繋いであるCintiqに移動しなきゃならない。使用中のMacにCintiqを繋ぐと解像度が変わるので、パネルとかの配置が変わってめんどくさい。

Astropadなら、使いたいときに起動してパネルの配置もそのままで使える。接続もUSB一本かWi-Fiだからややこしくない。サブとして使う液タブとしては理想的。

CintiqやタブレットPCのように、ペンを浮かせた状態でカーソルが動かないことと(特に、ペンを離した位置にカーソルが残るのが邪魔)、サイドボタンがないこと以外は大満足。

●Astropadで机の上スッキリ

Astropadの紹介ムービーを見て、そうそう、こういうシンプルな机の上にしたいのだ! だから何度も「15インチMacBook Proとペンタブだけで仕事」にトライしてるのだ、と思ったら……あっ!!
https://vimeo.com/177179811

ムービーに出てくるふたつのアルミのスタンド。僕が使ってるスタンドとほぼ同じだ〜! こりゃ、同じ構成でやってみるしかないぞ!
http://www.yoshii.com/dgcr/Astropad2-P8050004.jpg

配置してみた。実用的には、intuos Pro Mがこれに加わることになるけど。
http://www.yoshii.com/dgcr/Astropad2-P8050002.jpg

この配置でしばらくやってみた。MacBook Proは基本的にintuos Mで使い、描画中心の作業だけAstropadを使う。実用でぜんぜんイケる。

まあ、シネマディスプレイとintuos Lのほうが快適だけど。どうしてもって場合だけAstropadで作業。普段はそれでぜんぜんいいと思う。で、ラフ描きみたいに一日中描画作業する場合はCintiq、またはiPad ProのProcreateで。


【吉井 宏/イラストレーター】
http://www.yoshii.com/
http://yoshii-blog.blogspot.com/

リオ五輪、中継とかほとんど見なかったけど、閉会式の東京プレゼンテーションはよかった! 従来こういうのは東洋のエキゾチックを押し出しがちだったけど、現代のポップな文化でもぜんぜんイケる。着物と歌舞伎と武者と忍者と富士山を出さなかったのはえらかった(歌舞伎座は映ったけど)。

君が代のアレンジから中田ヤスタカの音楽、ダンス、デジタルっぽい光やハイテクっぽい演出、人の影が出ないというプロジェクションマップ、全部かっこよかった。堂々たる日本カルチャー。ごり押しのクールジャパンはイヤだけど、欧米やリオの圧倒的な文化に卑屈になる必要もないな。

安部さんがマリオ衣装を脱ぐタイミングがイマイチだったのと、緊張してたのか笑顔じゃなかったのだけ残念。やっぱ2020の開会式か閉会式で、全国ゆるキャラ大集合と無数のピカチュウのダンスやってほしい!

昨年からの騒動以来、条件反射でオリンピックに興味を持つこと自体がイヤだったんだけど、ちょっと回復したw

ようやく「シン・ゴジラ」観れた!

・「東京浅草画廊 Gei(藝)」オープン

ある会社に関係するアーチストの作品を販売する画廊がオープンしました。DMのビジュアルが僕の立体作品「Nyoro」です。僕は2点を出してます。常設展示としてしばらくやってる見込み。

DM表 http://www.yoshii.com/dgcr/Gei_DM_1.jpg
DM裏 http://www.yoshii.com/dgcr/Gei_DM_2.jpg
ホームページ http://tokyoasakusagallery.wixsite.com/-gei

・ショップジャパンのキャラクター「WOWくん」
https://shopjapan.com/wow_kun/

・パリの老舗百貨店Printemps 150周年記念マスコット「ROSEちゃん」
http://departmentstoreparis.printemps.com/news/w/150ans-41500

・rinkakインタビュー記事
『キャラクターは、ギリギリの要素で見せたい』吉井宏さん
https://www.rinkak.com/creatorsvoice/hiroshiyoshii

・rinkakの3Dプリント作品ショップ
https://www.rinkak.com/jp/shop/hiroshiyoshii