羽化の作法[23]生まれて初めて絵が売れた日/武 盾一郎

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,500文字)



テレ朝の人が来た。

カナダ人と話す。Bob 26歳、言葉通じず、でも思いはなんとなく分かった。

スイートホームの前のあんちゃんの家(ブルー)の戸がなくなる。

制作ノートに書いてあるこれら三行について、順を追って説明していこうと思います。





一行目、「テレ朝の人が来た」について。

強制撤去直前、たくさんのマスコミの人たちを見かけたが、撤去後はスーッといなくなっていた。多分、強制撤去の瞬間の「争いごとの絵」が欲しかっただけなのだろう。

だが「その後、野宿してる人たちはどうなるのか?」と後を追う人もほんの少しだけどいたようだった。実際には、むしろ強制撤去後にさまざまなことが起こるのだ。

東京都との対立を明確化する意志を持った「段ボール村」というコミュニティの出現がその最たるものだと言えるだろう。

コミュニティには吸引力があるようで、「段ボール村」になってから僕たちは、急激に様々な人たちと出会うようになって行く。

なので、二行目の「カナダ人と話す。Bob 26歳、言葉通じず、でも思いはなんとなく分かった」みたいに、「意見」ではなくて「思い」を話してくる人も多くなった。

意見や質問は言葉が違うと分からないが、「思い」はなんとなく分かるのだ。僕も「I can not speak English」と書いたTシャツを着ることはなくなった。

そして三行目。「スイートホームの前のあんちゃんの家(ブルー)の戸がなくなる」について。

「あんちゃん」というのは若いホームレスの男性のことである。見た目はどう見ても二十代なのだ。しばしば話すこともあり、親しみをこめて「あんちゃん」と僕らは呼んでいた。あんちゃんの家にも当然絵を描いていたのだ。絵の写真はないのだが。

「スイートホーム」とは強制撤去前に24日間かけて描いていた「けんさん」の家のサロンで、段ボール村の住民たちが撤去後に都の倉庫から取り返して建て直した家である。
https://www.facebook.com/junichiro.take/photos/a.1053736031337950.1073741847.206228169422078/1273577059353845/?type=3&theater

参照:羽化の作法22 段ボール村になってからの変化
http://take-junichiro.blogspot.jp/2016/09/22.html
http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/archives/20160906140300.html

FLASHの記事の写真を見ると「スイートホーム」は壁を背に建てられている。その前にあんちゃんの家があるということは、段ボールハウスが壁伝いに一列に並んでるだけではないことを示している。

段ボールハウスが西口地下広場に広がって建っているのだ。家と家の隙間は路地となり、街の様相を呈していたのだ。新宿のゴールデン街やションベン横丁の一角をイメージして頂けると分かるだろう。新宿はフラクタルなのだ。

「段ボールハウスの戸がなくなる」について。

段ボールハウスの建築様式は「羽化の作法21」で紹介したように、扉は最後に作り被せるフタのようになる。

参照:羽化の作法 21 段ボール村と段ボールハウス建築
http://take-junichiro.blogspot.jp/2016/08/21.html
http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/archives/20160823140300.html

なので取り外して持っていくことが可能だし、また新たに作ることも割と簡単なのだ。

この日、あんちゃんは僕に話し掛けてきた。

「実は昨夜、イタリア人が4000円で家の扉を買っていったんだよ」

見るとあんちゃんの段ボールハウスの扉はなく、横穴式住居みたいに穴の空いた状態になっていた。

あんちゃんは続けた。

「そのイタリア人は三日間、家に通って来たんだ」

と言って、あんちゃんは2000円を僕に差し出して言った。

「半分づつでいいよね?」

まさかお金を自分に渡すとは思ってなかったので、面食らったまま2000円を受け取ったのだった。

なぜイタリア人だと分かったのか、その価格はどうやって決まったのか、そしてあんちゃんはこのことを僕に正直に伝える必要などなかったのに、とか、そういう正直な人がホームレスになってしまうのかも知れない、とか、その後ぐるぐると考えることは様々あったが、ともかく、

生まれて初めて絵が売れたのである。(つづく)


【武盾一郎(たけじゅんいちろう)/経済面で画家として自立】

「星野智幸コレクション全四巻(人文書院)」四巻の制作が終わるやいなやガブリエルガブリエラの制作です。今までで最も大きい絵画作品となりますので乞うご期待。

アートラッシュ『カオスな夜〜カーニバル』にて。
2016年11月16日(水)〜12月5日(月)
http://www.artsrush.jp

ガブリエルガブリエラTwitter
https://twitter.com/G_G_jp

13月世の物語・ガブリエルガブリエラ
http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp

目指せジャケ買い『星野智幸コレクション』
I・II巻9月下旬刊行! III・IV巻12月刊行予定。

星野智幸コレクションI スクエア
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226418.html

星野智幸コレクションII サークル
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226413.html

星野智幸コレクションIII リンク
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226414.html

星野智幸コレクションIV フロウ
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226417.html

Facebookページ https://www.facebook.com/junichiro.take
Twitter https://twitter.com/Take_J
take.junichiro@gmail.com