LIFE is 日々一歩(41)[Web]〈Adobe MAX 2016〉の情報をひとまとめ/森 和恵

投稿:  著者:  読了時間:11分(本文:約5,300文字)


こんにちは! 森和恵です。クリスマスまであと一か月ぐらいになりました。大切な方へのプレゼントは、決まりました?

前回のコラムでは、“講師業こうしたらもっとよくなる10ポイント”をお話しました。
http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/archives/20161107140100.html

それを踏まえつつ、11月9日のYouTube生放送でもお話しました。ここに録画が公開されています。
《第40回 はざくみ&もりかずの見切り発車でいこか〜 「教え方・10のあるある〜その1」》


一緒に放送している、はざくみさんと二人で話したことで、ひとりで考えていたことよりも、内容がより深くなったんじゃないかなと思います。

回線状況が悪くて「その2」に続くとなりました。今週水曜日放送の予定です。よろしければ、↓よりポチッとチャンネル登録くださいませ。


さてさて。今回は、Adobeさんのビッグイベント“Adobe MAX 2016”の情報をまとめたいと思います。

イベントきっかけで、あちこちから大量に新機能やら新製品やらの情報があふれてくるので、キャッチアップするのもたいへんですが、ぎゅっとまとめたリンク集のようなものをお届けしますね。




●「Adobe MAX」概要と日本からの参加

通称“MAX(マックス)”と呼ばれるこのイベントは、Adobeさんが主催して、毎年行われる大規模なクリエーターのためのイベントです。2016年は、San Diegoで行われました。
https://max.adobe.com/

もちろん、セッションは英語です。全部のセッションではなさそうですが、録画がYouTubeチャンネルで公開されています。
https://www.youtube.com/user/AdobeCreativeCloud/videos

ヒアリングだけでもできるようになって、いつか行きたいですね。Adobeさんの引率で、日本から参加するツアーもあります。現地に一週間滞在し、Adobeさんのオフィスを訪ねたりもできるそうですよ。お一人さまのお値段40万円以上ですから、気軽にとはいえなさそうですけれど。
http://max.adobe-web.jp/

“#MAX野郎”というタグで、Twitterをみると参加された方の生の声がみれたりして生の雰囲気を味わえます。
https://tagboard.com/MAX%E9%87%8E%E9%83%8E/325815

Adobeさんから、日本語のレポートも配信されています。おおよその概要や楽しそうな雰囲気は、下記のレポートやYoutube放送を見れば伝わってきます。

日本のクリエイティブな場所よりも、やはり一歩も二歩も先を進んでいる感じがします。何が違うんでしょうね。突き抜けた遊び心なんでしょうか、それとも単純に人の多さの違いでしょうか。日本大好きなわたしも、海外にうまれたかったなとため息をついてしまいました。

《MAXで発表したクリエイティビティとデザインの未来》
https://blogs.adobe.com/creativestation/max-and-the-future-of-creativity-and-design

《Adobe MAX 2016写真レポート:アドビが開催する年に一度のクリエイティビティの祭典を体感してきました!》
https://blogs.adobe.com/creativestation/general-adobe-max-2016-photo-report

《Creative Cloud情報スペシャル番組「プレイバック!Adobe MAX 2016」:第一夜》
https://blogs.adobe.com/creativestation/ccdojo-playback-max-2016

●Adobe XD、いよいよ正式リリース?

現在、Beta版として公開されている Adobe XD(Adobe Experience Design)の話題が一番よく耳に届きました。
http://www.adobe.com/jp/products/experience-design.html

Webサイトやアプリの設計段階で作るモックアップ(静止画像で作るサイトのデザイン絵)では、動きまでは表現できずにいました。より完成のイメージに近づけるために、最近ではプロトタイプ(動きも再現するサイトの模型のようなもの)が必要とされています。

そこで、より手軽にプロトタイプを作るためのソフトが必要とされてきました。これまでに専用ソフトであまりメジャーなものが存在しません。Mac用アプリやオンラインサービスとしていくつかありますが、私的には「これだ!」というものがありませんでした。
http://www.webcreatorbox.com/webinfo/app-prototype-tool/

そこで登場してきたのが、この Adobe XDです。Project(社内開発版)から、Preview版、現在のBeta版と一年以上の間、「いつ出るか?」と見守ってきました。ずっと、Mac版しかなかったのも原因ですけれど。

画面を簡単にレイアウトするための機能や、画面遷移を設定したり、UIのエフェクトを指定したりと、プロトタイプを作るために特化した機能が盛りだくさんのようです。なにより、動作が軽いのが嬉しいですね。Adobe XDが登場すれば、Photoshopでレイヤー階層の多いデータをむりくり作らなくてもずいぶん楽ができそうです。

今回の発表で、レイヤーやシンボル、複数人の共有機能などの新機能の説明がありました。また、年内に待望のWindows版Betaも発表されるということで、期待大です。

《[速報]Adobe XDの大規模機能追加を発表!》
https://ics.media/entry/13657

●IllustratorやPhotoshopの機能追加

もちろん、IllustratorやPhotoshopなど、定番ソフトの機能追加も発表されま
した。

《新機能の概要 | Illustrator CC 2017》
https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/whats-new.html

《新機能の概要 | Photoshop CC 2017》
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/whats-new.html

目立った機能をざっくりと紹介すると、

・新規ドキュメントダイアログの刷新。仕事でよく使う定型のフォーマットが選びやすくなりました。また、Adobe Stockを通じて提供される「テンプレート」(名刺を作る、セピア写真を作るなど用途に合わせて提供されるフォーマットのこと)にも注目が集まります。[Ai/Ps]

・Photoshopに強力な検索機能が搭載されました。ファイルを探したり、素材を探したり、機能の使い方をヘルプから探したりできます。[Ps]

・Illustratorのピクセルグリッド整合が進化しました。以前は、[変形]パネルでちまちま設定しないとならなかった機能が、一度設定しておけばOKという使いやすいフローに変わりました。[Ai]
https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/how-to/pixel-perfect.html

・Illustratorにも、フォントのライブビューが搭載されました。また、異体字を簡単に選んだり、特殊文字を簡単に挿入できるようになっています。[Ai]

・Illustratorで、テキストオブジェクトを作ると、サンプルテキストが割り当てられるようになりました。[Ai]

…などなど、細かいところに手が届く便利機能が増えているようです。

ただ、変化することで不便になる人↓もいるようで、さっそく機能をOFFにしている人や改造をこころみる人がいるのもAdobeユーザーたちの興味深いところだなぁと思いました。

《文字ツール:Illustratorコミュニティフォーラム(Japan)》
https://forums.adobe.com/thread/2230793

《IllustratorCC2017新機能 サンプルテキストの割付を手懐ける》
http://chuwa.iobb.net/tech/archive/2016/11/innsutratorcc2017.html

●Dreamweaverは久しぶりに大型アップデート

2015のバージョンアップでは、スルーされたDreamweaver。もう、使っている人はいないのかも(涙)。と思っていたDreamweaverが、ようやく大型アップデートしました。
https://helpx.adobe.com/jp/dreamweaver/using/whats-new.html

時代遅れだった従来のテキストエディターを刷新し、テキストの編集がメチャメチャ便利になっています。

また、CSSプリプロセッサー(SassとかLESS)にデフォルトで対応しているので、これで一般のユーザーにもCSSプリプロセッサーの普及が進むかも知れません。正直、ガチのフロントエンドの界隈では、使われているようなのですが、一般(例えば企業のWeb担当の方)には、まだまだ認知度が低いと感じていましたので。

新しいテキストエディターについては、↓の記事も参考になりますね。

《正式版がついにリリース!完全に生まれ変わったDreamweaver CC》
https://blogs.adobe.com/creativestation/web-re-imagined-for-designers-who-code-the-all-new-adobe-dreamweaver-cc

「好きなAdobeは、Dreamweaver」といい続けてきた私。このバージョンアップを機会に、Dreamweaver好きさんを増やすべく、いろいろと企画を練りたいなと思っております。来年をお楽しみに。

●Sneak Peeksや新Projectの発表は未来を感じさせてくれた

MAXでおなじみの「Sneak Peeks」は、これからのAdobeについて語られる場です。いま開発中のさまざまな機能をちょっとだけ見せてくれます。

ラインナップをみていると、3Dや映像関連の新機能が多くて、今後のAdobeさんが「2Dを飛び出して3Dの編集ツールを強化していく」のかもしれないなという方向性がみれたような気がします。

《AdobeMAX 2016 Sneak Peeks まとめ》
https://twitter.com/i/moments/794361712581427203

《アドビの本気を垣間見る11の革新的なテクノロジー》
https://ics.media/entry/13724

《Adobeが3DデザインツールProject Felixを発表!》
https://ics.media/entry/13697

●待ってました、AdobeCC割引セール。

毎年のことですが、イベントのタイミングで新規加入者の割引セールをしていますね。2016年12月2日まで期間限定で20%OFFだそうですよ。
https://creative.adobe.com/ja/plans

嗚呼、でも…。Amazonのオンラインコード12か月版のほうが、30%OFFとお安いみたい。一年分まとめて支払うのなら、こちらがよいと思われます。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00FOHQZPI/


…と、こんな感じで、Adobe MAX 2016のまとめとしたいと思います。

英語力のなさや資金力のなさで、とても現地で体感することはかないませんが、日本のAdobeさん、日本から現地に赴いた方々などの愛あふれる細やかなレポートをみることで、いろいろなことが知れたのは、本当にありがたいことです。ありがとうございます。

AdobeCCを契約しているユーザーのみなさん(私も含む)。あまりある新機能をフルで活用し、すてきな制作ライフを過ごしましょう。時間短縮をして、残業をが少しでも減らせるように。(^_^)

さて次回は…未定です。すみません。年末も近づくので、なにかしら今年のまとめ的なことをしましょうかね。お楽しみに。


【 森和恵 r360studio 〜 Web系インストラクター 〜 】
site: http://r360studio.com
mail: r360studio@gmail.com
Twitter: http://twitter.com/r360studio

来年2月までの担当講座をご紹介しています。12月に予定している《Photoshop&Illustratorが上手になるレッスン 自分で作ろう“セールスツール”》では、『自分のための“セールスツール”を授業中に作ってしまおう!』というめずらしい内容です。ご興味ありましたらぜひ。
http://r360studio.com/seminar/